男女

フランチャイズ募集を活用して低資金で独立開業

整骨院を開くには

男性

必要な資格とノウハウ

整骨院を開くためには、柔道整復師の国家資格を取得する必要があります。柔道整復師になるためには、まずは国家試験を受けるための条件を満たす必要があります。試験の受験資格は、高卒または高等学校卒業程度認定試験を所持していること、厚生労働大臣が認定した学校、養成学校を修了していることです。養成学校としては専門学校のほか柔道整復学科のある大学を卒業することです。国家試験の内容は、解剖学、生理学、一般臨床医学などの科目も含まれ試験科目は11科目になります。柔道整復師の国家試験は、年に1度行われ、毎年3月上旬に筆記試験が行われます。国家試験に合格することで柔道整復師の資格を得ることができますが、資格を得たあとに資格を活かして働くためには資格とはことなるノウハウが必要になってきます。柔道整復師の資格を取得すれば、既存の整骨院で働くほか、いきなり開業するといった選択があります。しかし開業するといっても開業のためには手続きが必要です。開業するためには手続きとして、保健所に施術所開設届けを行わなければいけません。基本的に健康保険の請求を行わなければ、施術所開設届けだけですが、保険請求を行う場合には受領委任契約を行わなければいけません。これらの開業に伴う手続きは独自に行うことも可能ですが、経営するためのノウハウが必要です。このため整骨師会などの業界団体に加盟すれば、開業までのサポートや健康保険の請求の代行などを行ってくれるメリットがあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加